ちょっとお小遣いが欲しいんだけど…そんな女性は要注意

スマートフォンが普及してから、ネットサーフィンが簡単にどこでもできるようになりましたね。
そんなときに、ふとお金欲しいなあ、という気持ちで検索をかけることがあると思います。
「バイト」「ネットで稼ぐ」「副業」などなど…。

 

さて、ここから詐欺の話です。これは実際によくある話なので、こういった詐欺の被害にあった女性から聞いた話をまとめました。

 

副業で稼げるサイトのようなページを見つけて、「社長や株主などお金持ちの男性の愚痴を聞くお仕事です」なんてお仕事を見つけることがあります。

 

顔写真も入ってる口コミ、普通の主婦っぽい人が「私でも30万ももらえちゃった。こんな楽な仕事でいいのかなあ?」なんて感想が書いてあります。

 

 

怪しい…けど、口コミ主は顔写真も入れてるし、大丈夫かなあ? そんな甘い考えでお仕事の登録をしてしまいました。

 

お金持ち男性からの愚痴メールはすぐに届いて、例えば「【報酬月30万】差出人 O・Hさんより 妻との関係がうまくいっていないので女性の意見を聞きたい」、などそれらしいものが。

 

さっそく仕事をはじめようと、メールを何通か見てみますが、どれも高額な報酬にびっくり。
学生時代に汗水たらして働いたのがバカに思えてくるくらい簡単な依頼で、ただ話を聞くだけです。しかも電話じゃなくてメールです。

 

 

メールのやり取りは順調でした。

 

愚痴を聞いたり、相談に乗ったり、高額な報酬だから相手にかなり気をつかわなきゃいけない、緊張感にあふれるやり取りなのかな、と思ったりもしましたが、なんのことはない、中年のおじさんとスキマ時間にメールでお話するだけです。
これじゃあ、友達とラインで話しているのとあんまり変わらないよなあ、と感じるくらいフレンドリーに話してくれる相談者さん。

 

そう、この優しい文面やフレンドリーな態度も詐欺の一環なのです。

 

2週間もしない頃でしょうか。悩みを聞いているうちのある男性が、謝礼金を払いたいので口座番号を教えてください。というメールがきました。

 

 

たしかに、報酬はどうやって支払われるのだろうと疑問に思っていたところ。
なるほど、こうやって個人で取引するのかー、今よくよく考えたら怪しいその個人取引に乗ってしまい、口座番号を書いたメールを送信。すると…。

 

あれ? うまく受信できなかったからもう一度送信してほしい、と。
それでもう一度送信してもうまくいかない。

 

しばらくすると、副業サイトの運営事務局からのメールが来て、個人情報の取引は禁止するシステムになっております、個人情報を取引するには「月10000ポイント以上の有料会員」になる必要があります、という通知が。

 

そんな、冗談じゃない。なんで仕事をしたのに有料会員にならなきゃいけないの?
しかも一万円? 

 

 

お金が欲しくて登録したのにと、そこで投げ出したまま放置。
相談者さんからはメールが届き続けていましたが、もうこんな詐欺サイトには引っかからないぞ、と意気込んで無視。
まともに本業のパートを頑張るか、と決意したときでした。

 

 

気がつけば、見知らぬアドレスから何通もの大量のメールが。
しかも、全部出会い系サイトからのメール。
登録した覚えもないのに、「○○ってサイトでメールしたタカです。今度の日曜日に渋谷でお会いできるというお話をしましたよね。待っています」
「プロフの写真かわいかったよw 今度絶対会おうね、約束だよ」なんて背筋が凍るような文面がたくさん。

 

 

なんでこんなことに? 私はなにかしたんだろうか?

 

そう、もうお気づきでしょう。
副業サイトでのお仕事はただの詐欺ではなく、あなたのメールアドレスを有料会員になれなければ出会い系サイトに売る、という悪徳な詐欺だったのです。

 

⇒メールで安全に稼ぐためには

 

詐欺じゃない副業ってあるの? 実はちゃんとしたものがあるんです

 

もうやだ、こりごり。とメールアドレスを変更したけれど、やっぱりお金を稼げる副業があったら便利だな、メールだけの簡単なお仕事がしたい、とツラいパート業務から帰ってきてため息をつきます。

 

 

しかし、副業というものは詐欺だけではありません。例えば、クラウドソーシングというネットでお仕事を受ける副業は、上場した起業がしっかりとした運営をしています。

 

同じように、メールをするだけの仕事というのも、怪しい詐欺が月30万50万!と叫ぶだけの報酬はありませんが、しっかりと運営されている健全な企業がやっているものもあるんです。

 

メールをするだけでお小遣いを稼げる副業はメールレディと呼ばれ、実際に何百円とか何千円かのポイントなら払ってもいいから、女性とメールしたりお話したりしたい、という男性はいっぱいいます。

 

 

ただ、そうした行動で出会い系のようなことをしたり、ストーカー行為に走るのは困ります。
そこで、メールレディは大手の企業が専用のアプリを用意して、出会い禁止という前提で、男性とお話してコツコツと稼ぐというサービスを運営しています。

 

 

インターネットがこれだけ普及した時代に、悪質な詐欺と健全なサービスを見分けることは難しいです。
ましてや、インターネットにまだあまり親しみのない方や、使い慣れていない方は戸惑いますよね。

 

 

そこで、メールレディをする、メールするだけでちょっと稼ぎたいということを考えたとき、詐欺ではなく健全なサービスを利用するために、サービスの運営会社がどんなところかをしっかりと確認することがおすすめです。

 

でも、そんなことを言われてもわからない…というのが正直なところでしょう。そこで簡単な方法が一つあります。
大手企業が運営している定番のアプリなら安心、という実績に頼るんです。

 

例えば、大手企業が運営している信頼できるメールレディサービスには以下のようなものがあります。

 

↓安全!大手メールレディサイトはこちら↓

 

逮捕!メールレディ詐欺

 

2016年にメール副業詐欺が逮捕されたニュースが報道されました。
これで一網打尽になったわけではなく、似たような詐欺グループは今も手を変え品を変え女性をターゲットに活動を続けていて、消費者センターや弁護士事務所などへの相談も後を絶たないのが現状です。

 

普段は真面目に生活していても、いざ大金を提示されると冷静な判断力を失う方も少なくないので、せめて当サイトを見て下さった貴女はこのような詐欺に合わないように、もしメールで大金を稼げるという広告を見つけても無視してください。

 

偽りの副業サイトで女性から現金詐取、被害5.5万人か

TBS系(JNN) 6月1日(水)6時23分配信

 

「男性とメールすれば報酬がもらえる」とする偽りの副業サイトで、女性から金をだまし取ったとして、サイト運営者の男ら7人が逮捕されました。被害は5万5000人、17億円に上るとみられています。

 

逮捕されたのは、偽りの副業サイトを運営していた埼玉県所沢市の無職・中村豊容疑者(30)ら7人で、今年1月、会員の女性(31)に対し「男性とメールすれば報酬がもらえる」などとうそを言って、手続き料などの名目でギフト券54万円余りをだまし取った疑いが持たれています。

 

警察によりますと、中村容疑者らは短文投稿サイトなどに「高額収入者の男性が悩みを相談できる女性を探している」などとするバナー広告を載せ、女性会員を募集。同様の手口で、およそ5万5000人から17億円をだまし取っていたということです。

 

取り調べに対し中村容疑者ら6人が容疑を否認、1人が認めているということです。(01日01:24)

更新履歴